クール・スカルプティング

  1. ビスポーククリニック
  2. クール・スカルプティング

この施術に向いているタイプ

●ダイエットや運動をしても落ちない脂肪がある方
●きちんと効果のある方法で痩せたい方
●ハミ肉を何とかしたい方
●より美しいボディラインを目指している方
●手術や注射などの痛い治療をしたくない方
●より安心な方法で脂肪を減らしたい方

ポイント

厚生労働省承認の医療ダイエット機器による
メスを入れない医療痩身

痩せたい部分の脂肪を冷却することで、脂肪細胞のみをシャーベット状に凍らせて機能的に死滅させ、脂肪を減らしてサイズダウンへ導く医療痩身です。高度な冷却テクノロジーによって、脂肪細胞が他の組織よりも低温に弱いという性質を利用し、皮膚など周囲組織を損傷することなく脂肪だけを凍らせて除去します。
 
ダイエットや運動しても減らない頑固な脂肪を除 去する方法として、アメリカで唯一、FDA (米国食品医薬品局)の認可を受けた、手術不要な脂肪除去治療です。その脂肪減少効果が科学的に認められ、厚生労働省の承認を取得、米国の FDAの承認を取得しています。一度減少した脂肪は元に戻る心配がないのも魅力です。


クール・スカルプティングと他の痩身との違い

体重を減らすのではなく 「脂肪細胞を減らす」ための痩身治療です
 
これまでに痩身施術を受けたけど「痩せなかった」「リバウンドした」などの経験はないでしょうか?
痩身施術の多くは傷跡やダウンタイムなどのリスクはありませんが、リバウンドのリスクも少なくありません。また、運動や食事制限で減量すると、脂肪細胞のサイズは小さくなり体重が落ちるかもしれませんが、脂肪細胞の個数は変わりません。運動や食事制限を怠ると脂肪細胞のサイズが大きくなるためリバウンドしてしまいます。
 
クール・スカルプティングは、施術部位の脂肪細胞自体の個数を20%~25%減少させます。施術部位の脂肪細胞は、代謝によって自然に排出されることでサイズダウンしていきますので、何度も通う必要がありません。もちろん傷ができる心配もないので、安心して施術をお受けいただけます。


痩せるメカニズム
アポトーシス(脂肪細胞の死滅)と貪食(体内分解)のプロセス

未治療コントロール

マクロファージ(貪食細胞)は見られない。全ての脂肪細胞は滑らかな細胞膜を保っており、ほぼ同じサイズと形である。

 

治療7日後

ギザギザとした細胞膜のブレブ形成が確認された。この形の崩れた細胞膜は、アポトーシスを示す。

治療14日後

マクロファージ(紫に染色された核細胞)が死んだ脂肪細胞を貪食する。貪食作用過程は約2~4ヶ月間継続する。

治療90日後

マクロファージが著しく減少しており、貪食作用過程が完了に近づいていることを示す。

痩せたい部分にアプリケータを装着し、コントロールされた温度で一定時間、冷却します。
クール・スカルプティングによって脂肪だけを凍らせます。
シャーベット状に凍った脂肪細胞は破壊され、やがて自然な代謝で体外へ排出されます。
その結果、脂肪細胞の数が減るためスリムに。脂肪細胞の数が減るため一度減少した脂肪は元に戻る心配もありません。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

 

冷却温度は適正にコントロール
周囲の組織にダメージを与える心配はありません

施術は、アプリケータのカップを施術部位に装着▶吸引▶冷却されます。施術中、カップ内の組織は適正な温度コントロールのもと冷却されるため、皮膚や神経、血管など周囲の組織にダメージを与える心配はありません。また、血中の脂肪酸等の濃度に変化がないことが報告されており、体への負担がかかりません。施術中は読書などでリラックスしていただけます。施術後は、すぐに仕事や運動などの日常生活に戻ることができます。


施術の流れ

Step1.ダイエットプログラムのご提案

医師によるカウンセリングを行います。
患者様のご希望を考慮しながら、理想的な体型になるよう施術部位と施術回数をご提案します。ご心配なことはお気軽にご相談下さい。 
※当院では施術の無理な勧誘は致しません。ゆっくりご検討頂けます。

Step2.撮影・採寸

施術の前に撮影を行います。併せて、施術個所のサイズも図ります。
施術後の経過と比較してどの位サイズダウンしたかをご確認いただけます。

Step3.ドクターによるアセスメント

効果を出すにはどこの部位を施術する必要があるのかを、具体的にプランニングします。

Step4.マーキング

正確な施術と理想のボディラインに仕上げるためマーキングを行います。

Step5.冷却

凍傷を防ぐための専用ゲルパッドを塗り、アプリケータと呼ばれるカップを装着し、冷却していきます。施術中はスマホを見たり読書したりしながらリラックスして過ごしていただけます。

Step6.マッサージ

リンパの流れに沿ったマッサージを行うことで、冷却によって破壊された脂肪や老廃物を体外へ排出促進します。

ダウンタイム・治療後経過

【ダウンタイム】
腫 れ  多少のむくみが生じる場合があります。数日~2週間程で落ち着きます。
赤 み  治療後に赤み・内出血・色素沈着などの症状が出る場合がありますが、数時間~数週間で消失します。
※抗凝固剤・ビタミン剤内服中の方…内出血による出血斑が現れ、数週間残る可能性があります。
痛 み  治療開始時は痛みを感じます。 治療終了後は2週間程鈍い痛みを感じることがあります。 圧迫帯の着用、冷却、温熱などで緩和すると言われています。
 
【2回目以降の治療目安】 約2ヶ月後
 
【禁忌事項】
◆クリオグロブリン血症、寒冷凝集素症、発作性寒冷血色素尿症がある方(冷却により貧血等の症状が発生する恐れがあります)
 
【注意事項】
開放創や感染創がある方、また末梢循環障害のある方(悪化する恐れがあります。)
寒冷蕁麻疹やレイノー病などの寒冷過敏症がある方(施術で皮膚を冷却します。)
皮膚感覚障害がある方(有害事象の発生に気付くのが遅れる恐れがあります。)
出血性疾患がある方、血液抗凝固剤を使用している方(出血等の症状に悪影響を与える恐れがあります。) 

手術後に起こりうるトラブル・対応

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

クール・スカルプティング 1箇所
S/Mサイズ    ¥40,000+税
Lサイズ      ¥90,000+税
アドバンテージ  ¥50,000+税
MINI(顎下など) ¥55,000+税
※アセスメント料 ¥3,000+税