陥没乳頭術

この治療に向いているタイプ

●乳頭が引っ込んでしまっている
●授乳への影響を心配している 
●乳頭のかゆみが気になる
●再発しない方法で陥没乳頭を治したい

ポイント

乳頭(乳首)が引っ込んでしまっている状態が陥没乳頭です。
その原因は、乳管(乳汁を乳頭へ運ぶパイプラインの役目を担っている管)の周囲の発達が未熟なため、内側から引っ張られている状態になっているためです。
重度の方は、そのまま放置しておきますと、授乳に影響が出やすくなったり、衛生面の問題で乳管炎、乳腺炎の原因になることもあります。

陥没の状態や度合は一人ひとり異なりますので、手術方法も様々です。

手術の詳細

真性陥没乳頭(しんせいかんぼつにゅうとう)(常に陥没しており、刺激しても隆起しない)と仮性陥没乳頭(刺激によって、隆起(りゅうき)する)に分けられます。
 
状態により手術方法は異なりますが、基本的に突っ張りの強い乳管はカットし、一部の乳管は残すようにします。
乳頭周囲に数箇所の切開を加え、乳管周囲の線維組織(せんいそしき)の癒着を丁寧に剥がします。
乳頭を引き出し、再陥没を防ぐための処置を行います。

麻酔方法

局所麻酔 静脈麻酔+ラリンゲルマスク 全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ
約7~14 日間
内出血や感染症になった場合、腫れが長引く事もあります。
 
 
■内出血
手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し、乳頭周囲が紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
 
 
■消毒
抜糸までの間は、定期的に(翌日・1 週間目・2 週間目)に乳頭の色の確認と消毒を行います。
 
 
■抜糸
10~14 日目
 
 
■固定
1 週間
再度陥没することを防ぐため、乳頭部分に器具を装着します。
術後1 ヶ月は、ブラジャーで圧迫しないよう気を付けてください。
また、就寝時にうつ伏せで眠ることもお控えください。
 
 
■通院
1 日目・7 日目・14 日目
 
 
■完成
約3 ヶ月
 
 

ダウンタイム後の経過

1. 乳 頭
 
○ 腫れやムクミにより一時的に乳頭の大きさに左右差が生じることがあります。
 
○ 手術後、一時的に乳頭の感覚が鈍くなりますが、数ヶ月かけ徐々に改善します。
 
 
2. 傷 跡
 
傷の赤みは数ヶ月かけて、薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

陥没乳頭術 ¥400,000+税