陥没乳頭術

この治療に向いているタイプ

●乳頭が引っ込んでしまっている
●授乳への影響を心配している 
●乳頭のかゆみが気になる
●再発しない方法で陥没乳頭を治したい

ポイント

乳頭(乳首)が引っ込んでしまっている状態が陥没乳頭です。
その原因は、乳管(乳汁を乳頭へ運ぶパイプラインの役目を担っている管)の周囲の発達が未熟なため、内側から引っ張られている状態になっているためです。
重度の方は、そのまま放置しておきますと、授乳に影響が出やすくなったり、衛生面の問題で乳管炎、乳腺炎の原因になることもあります。

陥没の状態や度合は一人ひとり異なりますので、手術方法も様々です。

手術の詳細

真性陥没乳頭(しんせいかんぼつにゅうとう)(常に陥没しており、刺激しても隆起しない)と仮性陥没乳頭(刺激によって、隆起(りゅうき)する)に分けられます。
 
状態により手術方法は異なりますが、基本的に突っ張りの強い乳管はカットし、一部の乳管は残すようにします。
乳頭周囲に数箇所の切開を加え、乳管周囲の線維組織(せんいそしき)の癒着を丁寧に剥がします。
乳頭を引き出し、再陥没を防ぐための処置を行います。

麻酔方法

局所麻酔 静脈麻酔+ラリンゲルマスク 全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ
約7~14 日間
内出血や感染症になった場合、腫れが長引く事もあります。
 
 
■内出血
手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し、乳頭周囲が紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
 
 
■消毒
抜糸までの間は、定期的に(翌日・1 週間目・2 週間目)に乳頭の色の確認と消毒を行います。
 
 
■抜糸
10~14 日目
 
 
■固定
1 週間
再度陥没することを防ぐため、乳頭部分に器具を装着します。
術後1 ヶ月は、ブラジャーで圧迫しないよう気を付けてください。
また、就寝時にうつ伏せで眠ることもお控えください。
 
 
■通院
1 日目・7 日目・14 日目
 
 
■完成
約3 ヶ月
 
 

ダウンタイム後の経過

1. 乳 頭
 
○ 腫れやムクミにより一時的に乳頭の大きさに左右差が生じることがあります。
 
○ 手術後、一時的に乳頭の感覚が鈍くなりますが、数ヶ月かけ徐々に改善します。
 
 
2. 傷 跡
 
傷の赤みは数ヶ月かけて、薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) 効果が不十分

A-1トラブルの内容
乳管が極端に短い場合、乳頭を十分に引き出せないことがあります。また、陥没している乳頭の大きさが元々小さい場合、引き出しても乳頭の高さが低く物足りないことがあります。
 
A-2 対応
効果が不十分と感じる場合は、搾乳機(乳頭を引っ張り上げる器具)を使用し様子を見ます。それでも改善されない場合は、再度手術を行い改善を図ります。
 
※ 伸ばせる乳管の長さには、個人差がありますので限界があります。
   そのため、再度手術を行ったとしても、ご希望の結果が保障でき兼ねる場合もあります。
   また、状態により乳管を温存する方法では、陥没乳頭の改善が図れない場合があることを御了承下さい。
   乳管の機能が全て損なわれる方法によって改善する術式もご検討ください。

B) 乳頭が大き過ぎる

B-1トラブルの内容
術後3 ヶ月はむくみが生じるため、乳頭が大きく見えます。むくみがとれるまで経過をみて頂く必要があります。
 
陥没している乳頭を隆起させる手術ですので、基本的に元々の乳頭の大きさが反映され、思ったより乳頭が大きく感じる場合があります。
 
B-2 対応
隆起した乳頭が大き過ぎると感じる場合、乳頭の縮小手術をご提案させていただきます。

C) 乳頭の左右差

C-1トラブルの内容
隆起させる度合いが左右で異なると、術後に左右差が生じる場合があります。元々の乳頭の大きさや形に左右で異なる場合、術後も左右差が出やすくなります。
 
C-2 対応
乳頭の大きさに左右差が生じている場合、基本的に、大きい方の乳頭を小さい方に合わせて縮小手術を行います。
 
※ 但し、元々の乳頭の状態にもよりますので、修正手術を行ったとしても、完全に左右対称にならない場合があることをご理解ください。

D) 乳頭の壊死

D-1トラブルの内容
陥没の原因となっている短い乳管や線維組織をカットする際に、乳頭の血管も同時に一部カットします。また術後の陥没の再発を防ぐため、乳頭基部をしめつけるように縫合したり、乳頭を糸でつり上げる処置を行います。そのため、乳頭の血流は悪くなります。
 
血行が悪くなりすぎると、乳頭のピンク色が失われて白っぽくなったり、暗い紫色になったりすることがあります。その状態で放置しますと乳頭の皮膚や組織が壊死して黒いカサブタになり、はがれ落ちてしまいます。
 
D-2 対応
乳頭の色が白っぽかったり、黒ずんだりして血行不良が疑われる場合は、壊死が起こる前に処置を行う必要がありますので、お早めにご来院ください。乳頭のつけ根のしめつけ具合や吊り上げをゆるめる処置を行います。
 
もし壊死が起こった場合は、傷がふさがるまで軟膏を処方致します。乳頭組織が欠損した場合は、皮膚移植や乳輪の皮膚を使った乳頭再建術をご提案させて頂きます。

E) 陥没症状の再発

E-1トラブルの内容
温存された乳管や線維組織のつっぱりが強すぎると、術後に乳頭のつけ根のしめつけがゆるんできた時に、陥没が再発する場合があります。
 
E-2 対応
乳頭の陥没が再発してしまった(手術前の状態に戻った)場合は、上記 A)に準じ、再度手術を行わせて頂きます。

F) 乳管の切除と授乳への影響

F-1トラブルの内容
陥没の原因となっている萎縮した短い乳管はカットしますが、一部の乳管は温存するように手術を行いますので、基本的に授乳は可能です。
 
しかし、陥没を防ぐために行う乳頭のつけ根をしめつける処置が強いため、乳管が狭くなって授乳に影響を及ぼす可能性があります。
 
F-2 対応
乳管の損傷、もしくはしめつけによる閉塞のため授乳が出来なくなった場合、授乳を可能にすることはできませんことをご了承下さい。

G) キズアトが気になる

G-1トラブルの内容
患者様の体質や縫合した傷口のズレや治りが悪いことが原因で、傷跡がケロイドのように赤く盛り上がる・凹む・段差になることがあります。
 
※色素沈着が起こった場合は、ほとんど分からなくなります。むしろ傷跡の色が白くなった場合に、周りの濃い肌色とは異なるため、目立つことがあります。 
G-2 対応
傷跡が気になる場合は、状態に合わせ、下記の方法を用いて改善を図ります。
 
ステロイド注射(ケナコルト)
ケロイドのように赤く盛り上がったキズを平らにしていく効果が期待できます。
十分な効果が得られるまで、1 ヶ月に1 回の治療を繰り返す必要があります。
*ステロイドの副作用:傷が凹む、毛細血管が浮きでる
 
CO2 レーザー照射
傷跡の段差を削ることで、表面を滑らかにする効果が期待できます。処置後は3 ヶ月程赤みがあります。
 
切開法
大きな段差や凹み、広がったキズの場合は、傷の赤みが消えた上で再度切開し綺麗に縫合します。
 
*傷を完全になくす事は不可能なため、傷跡を目立たなくするという目的であることをご了承下さい。
また、個人の体質的な要因が大きいため、傷跡の修正には限界がありますことをご理解ください。。

H) 感覚の麻痺

H-1トラブルの内容
手術によって細かい知覚神経が傷つくことがありますので、一時的に感覚が鈍くなります。
 
H-2 対応
通常3 ヶ月程で知覚は回復してきます。稀に完全に元の状態まで戻らないことがあります。

I) 感 染(化膿(かのう)する)

I-1トラブルの内容
赤み・腫れ・痛み・熱感が強くなったり、長いたりする場合は、感染が疑われます。
 
I-2 対応
感染が起きた場合は、抗生剤の投与を行います。膿が溜まっている場合は、必要に応じて傷を切開し、膿を出す処置を行います。

J) 血が溜まる

J-1トラブルの内容
術後に傷の中で出血すると、血が溜まって乳頭や乳輪が腫れが生じます。血が溜まったままにしておきますと、感染やしこりを作る可能性があります。
 
J-2 対応
出来るだけ早く処置をする必要があります。その際は再度傷を切開し溜まった血液の排出を行います。

K) 傷が開く

K-1トラブルの内容
稀に糸が外れて、傷が開いてしまう場合があります。
 
K-2 対応
傷が開いた場合は、再度縫合させていただきます。あるいは保存的に傷がふさがるのを促すため軟膏を処方致します。

L) 中縫いの糸が出てくる

L-1トラブルの内容
皮膚の下の組織を縫い合わせている糸(中縫いの糸)が表面に出てくることがあります。
 
L-2 対応
放置していると化膿する恐れがありますので、お早めにご来院下さい。糸を取り除く処置をさせて頂きます。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

陥没乳頭術 ¥400,000+税