CASE

症例写真

輪郭

HIFU(ハイフ)症例:頬からエラにかけて大きなゆるみの引き締め効果。

  • HIFU(顔~フェイスライン)正面の症例写真

施術名

HIFU(ハイフ):顔~フェイスライン

年齢

60代

性別

女性

治療期間・回数

治療回数:1回

施術内容

初めてHIFU(ハイフ)を受けられた患者様。フェイスラインのゆるみが気になっており、特にマリオネットライン外側のたるみを認めました。

この方は初めてHIFU(ハイフ)を受けられるので、HIFU(ハイフ)の仕組みやどのような効果が望めるのか?どのようなリスクがあるのか?いつまで効果が続くのか?ダウンタイムは?等など、しっかりとご説明。患者様の不安をできる限り小さくした上で施術を行いました。

 

施術後はフェイスラインがグッと引き締まり、気にされていた頬のたるみも大きく変化しました。

周囲からも「痩せた?」「小顔になったね!」と言われるそうで、患者様御自身も効果を実感されておりました。

HIFU(ハイフ)は切らないフェイスリフトとも呼ばれており、気になるたるみやフェイスラインの引き締め効果がありますが、大きなダウンタイムがないのが特徴です。

大きすぎない変化をお望みの方、ダウンタイムの取れない方におすすめの施術です。

麻酔方法

通常、麻酔なしで我慢できる程度の痛みですが、顎の下のように骨に近いところは強い痛みを感じることがあります。

ご希望の場合は麻酔クリーム、局所麻酔等ご用意いたします。

リスク・副作用・ダウンタイム

  • 翌日~1週間、皮膚表面にわずかな凹凸があらわれる場合があります。
  • 稀に数日程度赤み、ひりつき、フェイスラインがむくんだように見えることがあります。 
  • 赤みや腫れが生じる場合があります。 …など

※その他のリスク・副作用については手術申し込みの際に詳しくお伝えいたします。

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

その他

  • 当日の飲酒、激しい運動、入浴、サウナはお控えください。
  • 最低1週間は角質除去のお手入れはお控えください。
  • 日焼け対策を徹底してください。
  • 痛みやダウンタイムには個人差があります。

税込費用

HIFU(顔~フェイスライン):¥198,000

※効果には個人差がございます。同様の効果を保証するものではありません。

 

福岡院 院長 五反田 希和子

美容医療は「喜びの医療」です。​
たくさんの方々と一緒にHappyを創っていきたいと思っています。​